狭山市をおもしろくする 





       「幸福指数日本一」の市を目指し、各種イベントの
      企画及び、各種団体との連携、協働を図り、狭山市
      のためにより積極的に「主体的市民」を増やし、狭山
      市をおもしろくするための交流の場として行うものです。


狭山市をおもしろくする会
プロジェクト&研究会




入間川にこいのぼりを渡すPJ
義高のこいのぼり


















狂言「入間川」研究会

      1464年、京都の糺河原(現加茂川)にて日本で最古の狂言
      が行われた。その中の演目の一つに 狂言「入間川」が京の
      都人の前で演じられた記録が残っている。
      この狂言「入間川」は我らが郷土(現狭山市)入間川の両岸での逆さ
      言葉(入間様)の掛け合いが物語になっている。
      そこに、着目し日本最古の狂言「入間川」を歴史的な変遷や流派等 
      の違いを明らかにし、より身近なものにしたく、郷土の誇りとして多く 
      の市民に知っていただくための研究会です。








第20回を迎えた狂言「入間川」」を観る会
                            狭山市民会館にて

人間国宝 山本東次郎氏


大蔵流山本家一門
            将来の人間国宝でもある


廣澤謙一先生を囲んで




東次郎氏より記念のサインを賜る





 山本東次郎の著書は多くあるがその中でも「狂言のことだま」は狂言「入間
川」についての心理的描写等の説明が丁寧に紹介されている。




戻る
戻る



FB投稿コレクション
FB投稿コレクション